奥歯玩読誌 - 奥歯の痛みや虫歯・歯周病による喪失を防ぐ知識

奥歯玩読誌 - 奥歯の痛みや虫歯・歯周病による喪失を防ぐ知識
トップへ戻る
  • 奥歯玩読誌トップへ
  • 奥歯の健康管理能力を知る
  • 奥歯の健康を守る市の健診
  • 親知らず奥歯は抜歯すべきか
  • 奥歯喪失にベストな治療法

東京インプラントGuidanceでは、虫歯や歯周病で歯を失くしてしまった方にはインプラント治療を、ほとんどの歯を喪失してしまった方には肉体的にも費用的にも負担の少ないオールオン4をお勧めしています。

タイトルタイトル

奥歯の健康管理は他の歯より力を入れましょう

歯磨きをする女性

口の中には、犬歯や切歯など多くの歯が並んでいますが、そのうちで一番奥に生えている歯が奥歯です。
奥歯は歯科用語では臼歯といい、臼歯は歯磨きしにくいなどの理由から、虫歯や歯周病など歯の病気に罹りやすい宿命をもっています。重症化すると歯医者で抜歯する羽目になったり、抜歯により歯並びや噛み合わせが乱れるなど様々なトラブルが生じ得ますから、奥歯の健康管理は他の歯よりも一層力を入れて行うことが大切と言えます。

あなたの奥歯の健康管理能力はどれくらい?

ソフトクリームを食べる女性

奥歯は虫歯や歯周病にかかり、歯医者の抜歯治療で喪失することになってしまいやすい歯です。食事後の歯磨きをきちんとしていない、デンタルケアに関心がないなど、プラークコントロールが不十分だと、奥歯を喪失する確率が高まってしまいますから、これを機に自分の奥歯の健康管理能力をしっかりチェックしておきましょう。

健診を受けて奥歯の虫歯・歯周病を予防しよう

歯科健診を受ける女性

奥歯は犬歯や切歯など他の歯よりも、虫歯や歯周病にかかる危険度の高い歯です。市の歯科健診に積極的に参加するなどして、奥歯の健康管理に努めるようにしてください。すでに虫歯や歯周病にかかってしまった、あるいは奥歯を失くしてしまったという方は、当院の無料相談会やインプラント治療をご検討されることをお勧めします。

一番奥歯の親知らずは抜歯の必要性があるか

歯科診療台

奥歯が痛いのは、知らずに歯肉から出てきていた親知らずが原因のことも。親知らずはケアしにくいなどの理由から虫歯発生や歯肉の炎症など、トラブルを起こしやすい歯です。トラブルがあれば抜歯するのが一般的ですが、まだ何の問題もない奥歯を抜歯する必要性については、歯科医の間でさまざまな意見が交わされています。

ケアのコツなど奥歯の健康を守るための知識

一番奥歯の喪失には延長ブリッジよりも…?

歯科インプラントイラスト

一番奥の奥歯を失くしてしまったら、延長ブリッジで補う方法がありますが、健康な歯を犠牲にしたくないなら、インプラント治療を選ぶと良いでしょう。


Copyright (C) 2014 奥歯玩読誌 All Rights Reserved.