【町田市の健診】奥歯の虫歯・歯周病の確認や予防指導を受けよう

奥歯玩読誌 - 奥歯の痛みや虫歯・歯周病による喪失を防ぐ知識
トップへ戻る

東京インプラントGuidanceには、麻酔専門医が常勤しており、術中に超リラックス状態になれる静脈内鎮静法を行っていますので、痛みや恐怖の一切ないインプラント治療をお受けいただけます。

【ページのタイトル2】

虫歯や歯周病リスクの高い奥歯は、特に注意!

奥歯の抜けているレントゲン写真

奥歯は、他の歯よりも虫歯や歯周病に なりやすい宿命を背負った歯ですから、特に予防に力を入れなければいけないと言えます。「そうはいっても、高いお金がかかるから歯医者になるべく行きたくない」。このような事情がある方は、市の主催する歯科口腔健康診査の利用がお勧めです。市主催の健診ですから受診料がとても安いですし、一定条件を満たしている方ならば無料で受診することも可能です。

町田市の歯科健診の対象は18~70歳と幅広い

歯科健診を受ける高齢者の後ろ姿

町田市では、歯科医師会との提携で、『歯科口腔健康診査』を実施しています。
実施の主な目的は、虫歯や歯周病など、歯の病気の予防と早期発見です。虫歯や歯周病の診査のほかにも、歯並び・咬合・歯の衛生状態の診査、歯の病気の予防指導なども行っています。つまりこの健診に参加すると、歯の健康状態を総合的に診てもらえるということです。

歯科口腔健康診査を受けられるのは、町田市民で、18歳~70歳までの方と、とても幅が広いです。
該当者であれば、400円の費用負担で、歯の病気や歯の健康状態を診てもらうことができます。

ただし、市の発行するクーポン券を入手済みの妊婦さんであれば、費用負担ゼロでの受診が可能です。また、生活保護受給世帯、住民税非課税世帯、高齢受給者などに該当する方も、無料で受診することができます(※無料受診の条件に関しましては、町田市のホームページで詳細をご確認ください)。

奥歯は、もっとも虫歯や歯周病で失くしやすい歯

皆さんのお口のなかには、切歯に犬歯に臼歯(奥歯)にと、いろいろな種類の歯が並んでいますよね。
これらのうちで、もっとも虫歯や歯周病で失くしてしまいやすい歯は、奥歯であると報告されています。

歯の喪失の原因 | e-ヘルスネット 情報提供スクリーンショット

歯の喪失の原因 | e-ヘルスネット 情報提供
リンク先は厚生労働省が運営する健康情報サイト内の、歯を失う原因、年齢などをまとめた調査結果のページです。

失う歯の場所、年齢のグラフデータを見てみると、いずれの年齢層でも、第三大臼歯の保持率が一番低いことが分かります。第三大臼歯以外の臼歯(奥歯)も、切歯や犬歯に比べると、保持率が低めであることが分かります。

歯を失った原因の円グラフデータを見ると、抜歯による歯の喪失理由は、歯周病と虫歯の2つが大半を占めていることが分かります。

以上2つのデータから、奥歯は、もっとも虫歯や歯周病で喪失しやすい歯と言うことができます。

奥歯の健康チェックやケアは特に念入りに!

何度も言いますが、奥歯は他の歯よりも、歯の病気にかかり喪失してしまう確率の高い歯です。
ですから特に念入りに予防に努めなければいけません。市が主催する歯科健診という良い機会を、ぜひとも積極的に活用してください。虫歯や歯周病の脅威にさらされやすい奥歯をはじめ、トータルで歯の健康状態をしっかり診てもらいましょう。

「すでに時遅しで、虫歯や歯周病を発症してしまった」「奥歯喪失で、食事など日常に不便を感じている」。
もしこのような方がいらっしゃったら、ぜひ当院にご相談ください。当院では、失歯に有効なインプラント治療ほか、『虫歯や歯周病の成り立ちについて』という題目で無料相談会を実施していますので、皆様の歯の悩みのお役に立てると思います。

  • 奥歯玩読誌トップへ
  • 奥歯の健康管理能力を知る
  • 奥歯の健康を守る市の健診
  • 親知らず奥歯は抜歯すべきか
  • 奥歯喪失にベストな治療法