奥歯が痛い理由は親知らず?歯医者で奥歯を抜歯する必要性の有無

奥歯玩読誌 - 奥歯の痛みや虫歯・歯周病による喪失を防ぐ知識
トップへ戻る
  • 奥歯玩読誌トップへ
  • 奥歯の健康管理能力を知る
  • 奥歯の健康を守る市の健診
  • 親知らず奥歯は抜歯すべきか
  • 奥歯喪失にベストな治療法

東京インプラントGuidanceでは、静脈内鎮静法を用いたインプラントの無痛治療を行っていますから、手術に恐怖を感じる方や緊張で気分が悪くなってしまう方でも、ストレスなく安心してインプラントを入れられます!

【ページのタイトル3】

トラブルの種になる親知らず、抜歯の必要性は?

親知らずのレントゲン写真

その原因不明の奥歯の痛みは、親知らずの虫歯が引き起こしているのかもしれません。
親知らずはさまざまな理由から、他の歯より虫歯になりやすい歯です。親知らずはいわばトラブルの種ですから、早めに抜歯してしまうのが良いという考え方もあります。しかしどんな場合でも、抜歯がベストというわけではありません。抜歯の必要性は、親知らずの生え方などいろいろな要素に左右されますから、歯科医とよく話し合った上で決めるようにしてください。

奥歯が痛いのは、親知らずの虫歯が原因かも

虫歯で欠けている親知らずのレントゲン写真

奥歯が痛いと感じたら、それは親知らずが虫歯になっている事態が考えられます。
親知らずは、正しい生え方をしないことが多い歯です。隣の歯に寄り掛かるように傾斜して生えたり、歯肉から少しだけ顔を出して終わったり、歯肉弁に歯の一部が隠れた状態になることもあります。

このような生え方をした親知らずは、普通に生えている他の歯に比べて、各段に虫歯になりやすいです。
親知らずと隣の歯との段差で生じたスペースや、親知らずと歯肉弁との隙間などに、食べカスなど汚れが侵入しやすいためです。つまり親知らずがあることで、虫歯菌が繁殖しやすい環境を自然に作ってしまっているのです。

親知らずは気付きにくい、虫歯のリスクが高い

親知らずの存在に早く気が付いて、毎日の歯磨きなどケアに力を注げば、虫歯の脅威から免れることができます。しかし厄介なことに、親知らずは生えてきたことを自覚しにくいという特徴があります。親知らずは、他の歯が全て出そろった後に、遅れて生えてくる性質をもつためです。

私たちの認識、また歯の生え方の常識として、「歯は永久歯で最後、全て出そろったらもう代わりは生えてこない」というのがあります。これが、親知らずの発見を遅らせる原因になるのです。

親知らずの生える位置も、発見が遅くなってしまうことに、大きく関係しています。
親知らずは歯科用語的には第三大臼歯といい、第三大臼歯は5本並列する臼歯のうちで、最奥部に生える歯です。最奥部に生える歯は視界に入りにくい(特に上顎の第三大臼歯)ですから、必然的に親知らず発見が遅れやすくなってしまいます。

「親知らずは即抜歯すべき」とは言い切れない

歯科医師から説明を受けている男性

親知らずが虫歯になっていたり、親知らずのせいで歯肉が炎症していたりしたら、歯医者や口腔外科で抜歯の処置をとるのが一般的です。しかし、未だ何のトラブルも起こしていない親知らずの場合は、抜歯の必要性があるとは言い切れません。以下のように、さまざまな意見・判断があるからです。

・歯肉に埋没の親知らずが下顎神経に触れている場合、抜歯手術の際に傷つけてしまう恐れがある。
・水平埋没していない親知らずなら、これから顔を出すかもしれないので、無理に即抜歯しなくてよい。

今問題が起きていなくても、将来的なトラブルを考えて、親知らずの抜歯を勧めてくる歯医者はあります。
しかし決して強制ではありませんから、無理に応じる必要はありません。生え方など自分の親知らずの状態や、親知らずのリスクなど、歯科医の説明をよく聞いた上で、抜歯するかどうかを決めて下さい。


Copyright (C) 2014 奥歯玩読誌 All Rights Reserved.